スイーティーの仕事は、スイートな甘えん坊でいること。彼女は生後8ヶ月の幼い時に我が家にやってきました。玄関に現れた彼女は、妊娠していました。お腹の子たちは流産してしまったけれど、スイーティーが庭でチョウを追いかけている姿に、私は一目惚れ。見事なフットワークでネズミのおもちゃにタックルする彼女は、もし人間に生まれていたらデビッド・ベッカムのライバルになっていたことでしょう。たまにスイーティーが見つけてくるネズミはかわいそうだけれど、彼女の絶え間ないおしゃべりのおかげで、私は、動物にも内なる世界がちゃんとあることに気づくことができました。彼女には、話したい物語がたくさんあります。ただ、彼女の言葉を、私がまだこなせないだけなのです。